まいにち

社員ブログ

寒さも和らぎ、街で見る服装もかわってきました。毎日の生活のなかで、一日いちにちの変化には気付きにくくても

数日前、数週間前を思い返すと季節の移り変わりとともに、確実に時は刻まれていると感じます。

 

先日、ひとり息子が小学三年生になりました。

毎日接していると、その変化はとてもわかりにくく、ある日突然、発育、増えた語彙、できるようになったこと等から

その成長を感じとれます。

「あのころはテーブルより低かったよね」とか、

「漢字書けるようになったね」とか、

「どこでそんな言葉おぼえたん?」とか、

ひとによってさまざまですが、私の場合、思い返すことではじめて気付かされることが多いのです。

またそうした変化を感じ取ることで、妻や母、自分自身も日々変わっていくのだと感じます。

 

毎日おなじように会うひとたちも、すでに昨日会ったそのひとたちではありません。

今できることを昨日したかったことにしないためにも毎日が、ちがう一日だと云いきかせながら生きたいものですね。

西山でした。