ホーム 家族葬アーバンはるかのお知らせ 家族葬はるか葬儀メモリー「命を寿ぐ」

家族葬はるか葬儀メモリー「命を寿ぐ」

葬儀メモリー

平成29年 9月20日(水)

場所:家族葬ホールアーバンはるか
参列者:14名
葬儀プラン:家族葬お花いっぱいプラン

 

あなたが呟いた母へのコトノハ
「いいところ、、、わるいところも、、、ありがとう、、、、。」

あなたが呟いた父へのコトノハ
「父さんの気持ちわかっていました・・・。」

そこにはあなたの素直な気持ちがありました。

※東和空御導師により執り行われました。
様々の想いをお聴きし戒名を授けられ
故人様らしい戒名を家族とお決めになられました。

 

 

 

 

そして今何を見つめ、何が映っていますか?
これからはそのドレスを身に着け
「自然にあなたらしく思うように進んで欲しい」

あなたの大好きなお父様からの気持ち・・・
きっと想いは伝わっています。


※お母様のたった一つの希望で
 スタッフが探しこのドレスを準備いたしました。
           協力:株式会社ベストブライダル

 

 

 

 

 

家族の声に包まれて過ごすこの部屋の風景。
家に帰ってきたような気持ちなのでしょう・・・

 

人の気持を考えて先を読み、心を表す

言葉で伝えることができないわけではなく

言葉や姿で伝えることを、まわりを考えて表す人だったのでしょう

それは父さんや母さんを

勝っていた “こころ” の優しさだったのかもしれません

 

全力を尽くしたい

何事も応援していきたい

頑張れば叶うこともある

でもそうでないことのつらさ・・・

いま、あなたの本当の心を知る

これからは誰にも遠慮せず、誰にも気を遣わず、進んでいくのです。

自分のために、自分の気持で。

 

手紙家「くま」により描き下ろし
〜〜〜あなたからあなたへ〜〜〜

 

出棺時に紫の絨毯の上を両親とともにお手伝いをさせて頂き
ご出棺いたしました。

 

 

両親から受け継いだもの

興味あることに進むチカラ

正しく生きようとするチカラ

すべてお父さんとお母さんからもらったものでした。

 

※故人様といえばグラタンということで
あたたかいうちにご提供出来ました。
協力:華ごころ

 

スタッフからの一言

今回のテーマは「いのちを寿ぐ」
お父様が後悔をしていたという事が終始伝わり
その後悔を少しでも和らぎたく夫婦のもとに
生まれてきてくれての感謝と女性らしく華やかに
時間を家族で過ごして頂きたかったという想い
一言では中々表せれない「寿ぐ」という字の意味
最後にお手伝いさせて頂き私も感謝いたしております
エンディングプランナー 山本 竜司