ホーム 家族葬アーバンはるかのお知らせ 家族葬はるか葬儀メモリー「最後のお花見」

家族葬はるか葬儀メモリー「最後のお花見」

葬儀メモリー

葬儀プラン:家族葬プラン
葬儀実施日:平成31年4月2日
葬儀場所:アーバンはるか会館
会葬者人数:12名



――桜の花が春の空を彩る季節、あなたは突然帰らぬ人となりました――

母と娘の二人暮らし。
「いってらっしゃい」
最期に聞いた母の言葉。
仕事を終え、家路につく。
「おかえり」いつものあの声は返って来なかった――


いつものように仕事を終える。
いつものように何事もなく、我が家へ帰る。
いつものように「いってらっしゃい」と見送られ、「おかえり」と出迎えてもらう…。

それらは決して当たり前のことではありませんでした。


毎日無事に帰宅をすることが出来たのは
「いってらっしゃい」
そう言って、いつも見送ってくれた母のこの言葉に守られていたからなのかもしれません。


きっと、大切な娘様を一人残して逝くことに、後ろ髪を引かれる思いでいることでしょう。
「一人で頑張るよ」
最愛の母へ、娘様が届けた言葉。


前を向き、歩んでいくことを心に決めた娘様を見守っていて下さい。



紙でかたどった桜の花びらには、ご家族様から故人様へメッセージを書いていただきました。一人娘だった喪主様のために、最期までお気遣いや思いやりをお忘れにならなかった故人様。伝える事の出来なかった「ありがとう」の気持ちをここに託します。



故人様とご自宅のベランダから眺められていた三本桜。二人で見に行こうと約束されていましたが、それができなかったことが喪主様のお心残りでした。

ご葬儀では、本物の桜の花びらと紙でかたどったものとをご用意し、皆様にお棺の中を彩っていただきました。故人様への想いを胸に、一枚一枚大切に飾られていました。故人様の最後のお花見は、桜もご家族様の想いも満開になりました。