ホーム 家族葬アーバンはるかのお知らせ 葬儀スタッフブログ「家族との時間」

葬儀スタッフブログ「家族との時間」

社員ブログ

こんにちは、富田です。

先日、成人式の前撮りをしてもらうということで、実家に弾丸帰省してきました。

長い長い道のりを何回も乗り換えながら、電車や新幹線に揺られること実に5時間

やっと着いた徳島駅には、両親が車で迎えに来てくれていました。

もう久しぶりの再会には慣れただろうに、やはり今回も嬉しそうに「おかえり」と言ってくれる母。「疲れたやろ」と心配してくれる父。

そんないつも通りの両親を見ると、フッと力が抜けて、安心してしまうんですよね。

翌日、成人式の前撮りをしてもらってきました。せっかくだから家族写真も撮ろうと、両親もフォーマルな服装で来ていました。

母は、私の振袖の色に合わせて緑色のカーディガンを羽織り、父は、自分の髪の量を気にして整えていました(笑)。

そして、わたし個人の撮影になると、母は親、姉妹を集め、父、母、親戚、総勢5人で私の撮影大会が始まりました(笑)。同じような写真を何枚も何人も撮り、合計160枚にもなっていました!

それだけ私のために張り切ってくれた両親。少し恥ずかしくなりながらも、改めて私への愛情や誇りを感じられた帰省になりました。

帰省から西条に戻ってきた時、私は西条駅から1時間かけて歩いて宿舎に帰るというなかなか面倒なことをしました。

父は「何でそんな無謀なことをするん」と、母は「明日のバイトに支障は出んの?」と心配してくれて、相変わらずだなとニッコリしてしまった昨日でした。(もちろん、支障は出ず、今日も元気にアーバンはるかに出勤しました!)

こうして、一度家族と離れてみると、再会したときに家族の温かさや安心感を知って、大切にしようと思えるんですよね。

ゴールデンウィークも後半に差し掛かりましたが、皆さんは家族とゆっくりお話されましたか?普段、家族と話す時間がないという方は、この長期休みにゆっくり家族団らんを楽しむのも良い過ごし方なのかもしれません。