ホーム 家族葬アーバンはるかのお知らせ 葬儀スタッフブログ「もうすぐ父の日」

葬儀スタッフブログ「もうすぐ父の日」

社員ブログ

こんにちは。病み期から脱出中の富田です。(もう元気です♪)

 

私の大学では、定期テストが終わり、新学期となりました。

 

1学期は、課題も多く、新入生とのイベントやサークル活動、ボランティアなど新たに始めたことが多かったこともあり、とても忙しい日々でした。

さて、ようやく二学期。講義数が減って少しは時間にゆとりが持てるかと思いましたが・・・

 

むしろ、より忙しくなりました(汗)。

 

講義は、取るか取らないかの選択ができるものが多かったのですが、

できるものは全部やってしまおう!というスタンスでここまで来ているものですから、もちろん全部取るわけです。(笑)

二学期は頑張るぞ!と

充実した日々を思い浮かべては、一人ソワソワしていました。

 

ですが、いざ始まってみると、ものすごく大変。

私は大学に入ってから、良くも悪くも好奇心が旺盛で、

講義やボランティアの活動、バイトなど、

自分のためになりそうなもの、自分の一歩上のレベルにあるものばかりを選んできていて、楽かどうかはほぼ重視しなかったので、

後になって、一つ一つの負担の重さに今更気づかされるのです。

 

評判をまともに聞かず、興味本位で、受けながら身の毛がよだつほど難しく厳しい、他学部の講義を二つも取ってしまい、

その他も様々な活動を通して、今まで気が付かなかった自分の無力さに打ちのめされ、

休む間もなく課題に追われては様々な予定を取り消してしまう。

 

そんな現実から逃げ出したくなりました。

そんな無責任な自分を責めました。

自分で自分の首を絞めていたのです。

 

 

そんな時にふと思い浮かんだのが、故郷に住む私の両親でした。

 

何かつらいことがあったとき、

楽しみ、苦しみを共有したいとき、

何でも聞いて受け止めてくれます。

 

親との電話は毎回長電話で、

特に話す内容がなくても、ふと何か思い出して話続け、

気づけば一時間たっているということが多いです。

 

そして、話し終えたころには、

気持ちがすっきりするだけでなく、

明日からまた頑張ろう、という意欲まで持てるようになります。

ものすごいパワーです。

 

離れていても、いつになっても、何があっても、

両親は私の見方でいてくれるんだな、

ということを改めて実感しました。

 

様々な人たちに励まされて、明るくメリハリのある生活を取り戻そうと、

今頑張っているところです!

 

 

さて、父の日が6月16日と近づいてまいりました。

 

たった一人で家計を支え、家事もできないながらに手伝ってくれる父に、

私は感謝のメッセージを送ろうと思います。

 

普段は何も感じなくても、

ふと思い返すと、改めて感じることがあるものです。

 

この機会に、皆様の中でも、

たくさんの温かい家族のつながりが生まれることを願っています♪

 

今日も皆様にとって素敵な一日になりますように。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です