ホーム 家族葬アーバンはるかのお知らせ 葬儀スタッフブログ「隣の席に座りたい」

葬儀スタッフブログ「隣の席に座りたい」

社員ブログ

こんにちは!重い髪を空いもらってスッキリしている富田です。

 

突然ですが、問題です!

 

現在、日本に住む(在留する)外国人の人口割合は、日本の全人口の約何パーセントでしょうか?

 

 

グローバル化の世の中ですが、

日本でも外国人の方を見かけることが多くなりましたね。

 

広島の平和記念公園なんかに行くと、

日本人より、外国人観光客の方が多いのではと感じます。

 

2016年、米国のオバマ元大統領が訪問したことで、世界的にさらに話題になったことも大きいでしょうか。

 

これが全国規模で、住んでいる人だけを考えるとどうなるか、気になるところですね。

 

 

 

正解は、

2パーセント!(約264万人)

 

日本に住む、50人に1人が外国人

ということになります。

 

これが、多いと思うか、

少ないと思うか、

皆様の捉え方次第ですが。

 

弊社アーバンはるかの展開する

東広島市 西条地区の外国人の人口割合は、

 

なんと、約9パーセント

 

すごい数ですよね!

 

西条には広島大学があるので、

留学生が多くを占めているのかもしれません。

 

 

 

 

さて、

日本に住む外国人は

日本人にどのような印象を抱いているのでしょうか?

 

 

 

今日、アイルランド出身の広大教授が

このようなことを仰っていたのを、ふと思い出しました。

 

Japanese people are not so shy, but unfriendly! They wouldn’t sit next to me on the train.

Why don’t they come near me?

日本人は恥ずかしがり屋というより、よそよそしいです。電車で私の隣には座りません。

どうして私の近くに来ないのですか?

 

 

 

これを聞いて、悲しくなりました。

 

でも、自分はまったくそうしないかと言われれば、その自信は定かではありません。

 

私たちは、外国人を受け入れていて、差別しているつもりはなくても、

どこかで、

彼らを「私たちとは違う」と感じてしまうのでしょう。

 

特に理由はなくても、何となく避けてしまう。

真新しい存在に対して距離を置いてしまう、という感じでしょうか。

 

 

 

 

 

日本のグローバル化について、賛否両論はあると思いますが、

 

日本人以上に、日本の伝統文化を愛し、

日本を好きになって訪れて来る外国の方が増えているのは、国民として嬉しいですし、

 

むしろ、私たちがもっと日本の伝統を知らないと!と思ってしまうほど。

 

 

私たちと違う文化を背景に抱えた外国人でも、

日本好きになってくれる人がたくさんいる。

私たちはおなじ人間!

 

日本に来てくれた外国の方には、

楽しく、快適に日本での日々を過ごしていただきたいものです。

 

私はもし、街で困っている外国の方を見かけたら、進んで声をかけられるようになりたいです!

電車で外国人の隣の席が空いていたら、わざわざ座るぐらいの親近感を持っていたいですね(笑)。

 

皆様はいかがでしょうか?

 

 

 

 

それでは、今日の美しい夕空にて

お別れしましょう。