ホーム 家族葬アーバンはるかのお知らせ 空気を読むとは~読んでみてほしい本~

空気を読むとは~読んでみてほしい本~

社員ブログ

本日のつぶやいたー担当の五十嵐真由です!

何を書こうかと迷ったのですが
最近読んでとても面白かった本があったので
皆さんと共有したいと思います(^^)

「人の心を動かす話し方」という、和田裕美さん著の本です。

いきなりですが、皆さんは
“空気を読む” と聞くと
どんなイメージを思い浮かべますか?

恐らくですが、
日本人特有の 周りに気を遣って場に合わせなければならない
できれば空気なんて読みたくない
そう思っている方が多いのではないでしょうか。

私も日本に住んでいると、「空気を読みなさい」だの「KY」だの、マイナスな言葉としてしか聞かないように思います。

空気を読むって、ほんとう大変ですよね。

でも、実はこの言葉には
二通りの意味があるんです。

“自分のために空気を読む”
“相手のために空気を読む”

一般的な意味をもつものが前者
そして、この本で紹介しているのが後者
この二つは全く異なるものとして捉えることができます。

「こうしないと皆に嫌われるから、、」
「よく見られたいから」
「こういう事はしない方がいいな」

これらは全て自分のために空気を読んでいるものです。
自分自身に全意識が向いており
自分を守るために必死に考えて行動する
だからあんなに疲れるのです。

では、これはどうでしょう。
「私がこう動いたら相手が喜ぶはず」
「相手が求めてるのはどんな言葉かな」
「じゃあこのような言葉をかけてみよう!」

これらは、先ほどとは違い
相手の空気を読むことが
相手を思いやる事に繋がっているのです。

これは些細な違いにみえますが、
考え方が全く異なります。

後者の場合、自分から能動的に動くことになるので疲れなど感じません。

何より相手とより楽しく円滑にコミュニケーションをとることができ、自然と自分のためにもなっていくのです。

相手のために空気を読むって
なんて素晴らしいことなのかと思いませんか?(^^)

とっても読みやすかったので
皆さんも読んでみてください。

そしてまた感想も聞かせてくださいね♪

アーバンはるか公式ラインはこちらから

https://lin.ee/dn5Jiac

アーバンはるか公式ホームページはこちらから

https://urban-haruka.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です